公開履歴
りんごの中にある薬

年齢が上がるにつれ高血圧の人も多くなります。
成人男性の45%成人女性の35%が高血圧であると言われています。
高血圧は脳卒中の1つである脳出血のリスクが高くなります。
頭痛が続き体調が優れず、測ってみたら高血圧だった等よく耳にします。
そのため病院に行くとラシックスなどの利尿剤や降圧剤を処方される事が多いと思いまず。
降圧剤を服用すると症状が一気に改善された等もよく聞きます。
そのため薬を服用する事で高血圧が治ったものだと思われる方が多いですが、降圧剤は副作用もありますし、一時的に血圧を下げているだけで、根本的な高血圧の治療を行っているわけではないのです。
高血圧を改善するには原因を考えますが、90%の人は本態性高血圧といわれ、はっきりとした原因が分からないのです。
生活習慣や遺伝等様々な要因が関係していると言われています。
ですが、肥満の改善や食生活を見直し塩分の摂取を控える事や、飲酒の量を控える事で血圧を下げる効果がある事が認められています。
1日の食塩の摂取量を控えるというのはもちろんとても大切な事ですが、降圧効果があるとされる食物を積極的に摂取するのも良い方法だと言われています。
降圧効果がある食べ物と言われるのは、カリウムを多く含む食品の事です。
カリウムは余計な塩分を排出させる効果があるとされ、そのため血圧を下げる働きがあると言われています。
カリウムを多く含むと言われるものは野菜や海藻、果物等です。
具体的にはほうれん草やブロッコリー、じゃがいも、バナナ、りんご等様々な物があげられます。
薬を服用しているからもう安心と思うのではなく、日々の食生活や生活習慣を見直し根本的に血圧を下げるよう努力するのが健康に生活していく上で大切な事です。